コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ECOM いーこむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ECOM

次世代電子商取引推進協議会。国内の電機メーカーや通信会社、商社、銀行、カード会社などさまざな業種から代表的な企業が参加している。2000年に電子商取引推進協議会として発足、電子商取引に関するルールの取り決めや、政府への提言、国際標準化にむけての活動を行ってきたが、2005年に活動を終了。新たに次世代電子商取引推進委員会として設立された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イーコム【ECOM】[Next Generation Electronic Commerce Promotion Council of Japan]

Next Generation Electronic Commerce Promotion Council of Japan》次世代電子商取引推進協議会。電子商取引の推進、ICタグ技術の普及などを目的とする日本の企業による業界団体。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ECOM

〖Next Generation Electronic Commerce Promotion Council of Japan〗
次世代電子商取引推進協議会。電子商取引の実現と普及を図るため、2000 年(平成 12)設立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ECOMの関連キーワード世界電気通信及び情報社会の日次世代電子商取引推進協議会GPSスピードメーター月夜に墓地でベルが鳴るBTグループ[会社]九州通信ネットワークteletopiaオートコンブ修道院IMT国際電気通信連合世界電気通信の日日経テレコン21INTELSATテレマティークXシリーズ勧告永遠に美しく…IMT2000RS232Cデコメールテルネット

ECOMの関連情報