コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ECVT(スバルジャスティ搭載)

1件 の用語解説(ECVT(スバルジャスティ搭載)の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ECVT(スバルジャスティ搭載)

電子制御電磁クラッチに高度なエレクトロ技術を導入し、これにスチールベルト・プーリー組み合わせ画期的無段変速機の実用化に成功したことは、省資源時代に相応しい技術として、顕著な役割を果たした。保管場所富士重工業株式会社東京事業所技術1号館1階 (〒181-8577 東京都三鷹市大沢3-9-6)
製作(製造)年1987
製作者(社)富士重工業株式会社
資料の種類その他
現状展示(静態)・公開
型式名E-KA5
会社名富士重工業㈱
適用車種スバルジャスティ
製作開始年1984
実用化年1987
エピソード・話題性世界初の電子制御電磁クラッチ式無断変速機
特徴・電磁クラッチの励磁コイルをドリブンメンバ側に配置換えし、放熱性の向上と大幅な軽量化を実現。・発進クラッチ制御とCVT制御部を完全に独立させ、全体の信頼性を向上させた。・コンベンショナルなシンクロ機能を採用し、コンパクトな構成とした。
参考文献スバル技報No.13およびNo.15
その他事項搭載車用途:小型乗用車;実物所在:富士重工業東京事務所;搭載車スタイル:ハッチバック;ドア数:3;乗員:5;車両重量:660kg;全長:3,535mm;全幅:1,535mm;全高:1,390mm;タイヤサイズ:145SR12;軸距:2,285mm;冷却:水冷;気筒配列:OHC3気筒;内径x行程:78.0x69.6mm;排気量:997cc;馬力/回転数:63/6,000(PS/rpm);燃料タンク容量:35L;トランスミッション型式:TB40型自動無断;駆動方式:FF;クラッチ形式:電子制御電磁クラッチ;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ECVT(スバルジャスティ搭載)の関連キーワードエレクトロンパワーエレクトロニクスエレクトロオフィスエレクトロテクニックスエレクトロニックフューエルインジェクションエレクトロニックライブラリーエレクトロン焼夷弾クライオエレクトロニクス固体エレクトロニクス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone