コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EISA

3件 の用語解説(EISAの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

EISA

IBMのMCAに対抗して、PC互換機の有力メーカー9社(Gang of Nine)が集まって策定したバスアーキテクチャー。ISAとの互換性を維持しつつ、性能と機能を向上させている。16ビットバスのISAに対し、EISAでは、アドレス/データバスともに32ビット幅に拡張された。バスクロックは8.33MHzでISAと同じだが、データバス幅が広がり新たなバスサイクルが定義された分、データ転送速度は向上している(ピーク時で33Mbytes/sec)。また、DMA転送も32ビット化され、バスマスター機能のサポートもISAに比べて大幅に改善されている。そのほか、インテリジェントなバスアービタやレベルセンス割り込みなどの機能拡張も行なわれた。システムリソースの設定も、デバイスごとに用意されるコンフィギュレーションファイルとセットアップユーティリティを使うことで、拡張カードに触れることなく自動設定ができる。EISAの特長の1つにISAとの互換性維持が挙げられる。EISAスロットにはISAカードを装着して利用できるため、必要な機能を持っているEISAカードがなくても、ISAカードで代用することが可能だ。 EISAにも欠点はある。拡張カード、マザーボードともに製造コストが高くなりやすいという点だ。このためEISAはそれほど普及が進んでいない。しかし従来はネットワークシステムで使われるサーバー専用マシン用途としてEISAはよく利用されていた(現在では、PCIを利用する例が増えている)。クライアントマシンと違い、サーバーマシンには多少コストが高くついても高速性が要求されるからである。 サーバーマシンを開発している一部のメーカーが、EISAを拡張して高速化を図っているが(Fast EISA、EISA EMBなどと呼ばれる)、一般的ではない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エイサ【EISA】[Extended Industry Standard Architecture]

Extended Industry Standard ArchitecturePC/AT互換機用の32ビットバスとして米国のインテル社・コンパック社・マイクロソフト社などが参加して開発した規格。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

EISA

 European Imaging and Sound Associationの略。ヨーロッパ18カ国以上の有力なカメラ・映像・オーディオ関連専門誌50誌が加盟する団体。  その主な活動は毎年8月、同団体に加盟する雑誌の編集者やテクニカルエディターで構成する審査員によって過去1年間に欧州で発売された映像関連製品群の中から最も優れた製品を選出する『European EISA AWARDS』。この賞は1982年に始まった。日本ではカメラ記者クラブが同様の「カメラ・グランプリ」を毎年開催している。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

EISAの関連キーワードAT互換機互換機DOS/VPC/AT互換機IBM PC/ATPC互換機自動交換機PCAT互換機IBM PC/AT互換機DOS/V機

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

EISAの関連情報