ETL Mark II(読み)ETLMARKII

事典 日本の地域遺産の解説

(東京都台東区上野公園7-20 国立科学博物館)
情報処理技術遺産」指定の地域遺産。
1955(昭和30)年電気試験所において大型実用機・ETL Mark IIを駒宮安男や末包良太らが完成させた。我が国における計算機研究開発初期に開発された実用大型継電器(リレー。電磁石を使った電磁式のスイッチのこと)式計算機。遺産はリレーユニットの一部(2台)、操作卓とプリンタからなる

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android