コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FFT エフエフティーfast Fourier transformation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

FFT
エフエフティー
fast Fourier transformation

高速フーリエ変換」の略で,コンピュータを用いて離散的データのフーリエ変換を高速に行うアルゴリズムをいう。 C.G.クーリーと J.W.ツカーによって初めて能率のよい手法が考案された (1965) 。 FFTのプログラムは,通常 2n 個のデータを入力としている。最近はこのアルゴリズムがハードウエア化されて市販されるようになっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のFFTの言及

【高速フーリエ変換】より

…FFTともいう。周期関数は正弦波ならびに余弦波の重ね合せで表すことができる。…

※「FFT」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

FFTの関連キーワード農林水産・食品産業技術振興協会教育インターナショナル逆高速フーリエ変換国際教員団体連盟世界教員組合連盟モッシェロシュフィッシャルト性(sex)ウォンバットシュトゥンプマゾヒズムサディズム輝緑凝灰岩教職員組合認定TLO周波数分析小川紗良教員組合

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

FFTの関連情報