コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HFT えいちえふてぃー

3件 の用語解説(HFTの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

HFT

コンピューターのプログラムにより株の自動取引を行う「アルゴリズム取引」の一種。「ハイ・フリークエンシー・トレーディング」の頭文字をとったもので、日本では「超高速取引」「高頻度売買」「超高速売買」などと表現される。高速処理のコンピューターを駆使してミリ(1000分の1)秒単位で膨大な売買小口売買を行い、わずかな価格差を利用して利益を得ようとするもの。対象は株式だけでなく、外国為替や各種先物取引など多伎にわたる。2008年には、大手ヘッジファンドが、HFTを行う関連会社を通じて約10億ドルの利益をあげていたことが判明。11年には、HFT投資家が欧米を中心に200社を超えたとされ、米国ではHFTが原因とされる株式急落が度々発生している。13年5月に始まった日本の株価の乱高下の一因とも分析されている。

(2013-5-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

HFT

「High Frequency Trading」の略。超高速取引、高頻度取引と訳される。1千分の1秒や100万分の1秒単位といった高速で自動売買を大量に繰り返す。取引所に最速でアクセスするために、取引所のコンピューターシステムのすぐそばにサーバーを置く「コロケーションサービス」もよく利用する。市場の取引に厚みをもたらす半面、激しい値動きの一因になっているとの批判もある。

(2016-03-18 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エッチ‐エフ‐ティー【HFT】[high-frequency trading]

high-frequency trading》⇒高頻度取引

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

HFTの関連キーワードEHF超短波SHFブラフマスートラHF《Brahmasūtra》extremely high frequencyhigh-alumina brickrhētraVṛtra

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

HFTの関連情報