コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HLB えっちえるびー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

HLB
えいちえるびー

界面活性剤の親水性‐親油性比hydrophile-lipophile balanceの意味であり、普通、頭文字でよばれる。乳化剤として界面活性剤を使用するときに、安定な乳濁液(エマルジョン)を得るための指標として用いられる。1949年にアメリカのアトラスパウダー社のグリフィンによって唱えられた。この値は乳化実験あるいは式から算出される。グリフィンによると非イオン界面活性剤のHLBは次式で計算される。
  HLB=20(MH/M)
 ここでMHは親水基部分の分子量、Mは界面活性剤の分子量である。
 HLBが1から5までの界面活性剤は油中水型(water in oil W/O)エマルジョンの調製に適しており、7から18までの界面活性剤は水中油型(oil in water O/W)エマルジョンの調製に適している。安定なエマルジョンを調製することは、塩化ビニルのような合成高分子の製造や、化粧品の製造、アスファルトエマルジョンの製造などの各分野で重要な意味をもっている。[早野茂夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のHLBの言及

【界面活性剤】より

…高分子電解質であるポリアクリル酸誘導体,ポリビニルピリジン誘導体等は界面活性は小さいが,それ自身溶液中でミセル状構造を形成し,このため低発泡性で,かつ分散,凝集,可溶化などの作用を示すので高分子界面活性剤として用いられている。
[HLB]
 界面活性剤の特性を表示する手段の一つとしてHLBを用いる。これは分子中の親水基と親油基のバランスを経験的な数値で求めたもので,hydrophilic‐lipophilic balanceの略号であり,親水基をもたない場合を0,親油基をもたない場合を20とし,この間の数値で表す。…

※「HLB」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

HLBの関連キーワードリスト(Franz von Liszt、刑法学者)マーク ウォールバーグウマヅラコウモリドープシュアルバ公小燕蝶親水基湿潤剤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android