コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HY えいちわい

1件 の用語解説(HYの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

HY

日本のミクスチャー・ロックバンド。メンバーは、新里英之(ボーカル)、名嘉俊(ドラム)、許田信介(ベース)、仲宗根泉(キーボード・ボーカル)、宮里悠平(ギター)の男女5人で、全員が沖縄県うるま市出身。2000年に結成され、01年にインディーズデビューした。03年にリリースした2ndアルバム「Street Story」、04年の3rdアルバム「TRUNK」は2作連続でオリコンチャート初登場1位を獲得し、インディーズでは異例のヒットを記録。07年にはカナダアメリカツアーを行った。08年には「366日」がフジテレビドラマ「赤い糸」の主題歌に、12年には「いちばん近くに」がNHK連続テレビ小説「純と愛」の主題歌に採用された。13年、所属事務所であるテレビ朝日ミュージックとの契約満了に伴い、同年4月23日付で公式ファンクラブを解散し、公式サイトなどを閉鎖することを発表した。

(2013-4-17)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

HYの関連キーワードテクスチャーバックバンドブックバンドミクスチュアモイスチャーノンバンクバンキングマルチテクスチャーロバット・ミクスチャーネックバンド (Neck Band)エックスガール

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

HYの関連情報