IEEE802.16(読み)アイトリプルイー ハチマルニイテンイチロク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IEEE802.16

IEEEが策定した広域無線通信の規格。光ファイバーやADSLの敷設が困難な地域で、高速なインターネット通信を実現する規格として考案された。2001年に策定されたIEEE802.16は、見通し距離50kmで最高70Mbpsの通信速度を実現する。この通信を使ったネットワークをWireless MAN(Wireless Metropolitan Area Network)という。その後、2003年に策定されたIEEE802.6aと統合する形で、2004年にIEEE802.16-2004が規格化された。IEEE802.16-2004によるネットワークは、WiMAX(ワイマックス:Worldwide Interoperability for Microwave Access)と呼ばれる(Wireless MANのひとつ)。国内では、2009年からモバイル機器に対応したモバイルWiMAXのサービスが始まっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android