IEEE802.16(読み)アイトリプルイー ハチマルニイテンイチロク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IEEE802.16

IEEEが策定した広域無線通信の規格。光ファイバーやADSLの敷設が困難な地域で、高速なインターネット通信を実現する規格として考案された。2001年に策定されたIEEE802.16は、見通し距離50kmで最高70Mbpsの通信速度を実現する。この通信を使ったネットワークをWireless MAN(Wireless Metropolitan Area Network)という。その後、2003年に策定されたIEEE802.6aと統合する形で、2004年にIEEE802.16-2004が規格化された。IEEE802.16-2004によるネットワークは、WiMAX(ワイマックス:Worldwide Interoperability for Microwave Access)と呼ばれる(Wireless MANのひとつ)。国内では、2009年からモバイル機器に対応したモバイルWiMAXのサービスが始まっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android