コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IEEE802.16 アイトリプルイー ハチマルニイテンイチロク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IEEE802.16

IEEEが策定した広域無線通信の規格。光ファイバーやADSLの敷設が困難な地域で、高速なインターネット通信を実現する規格として考案された。2001年に策定されたIEEE802.16は、見通し距離50kmで最高70Mbpsの通信速度を実現する。この通信を使ったネットワークをWireless MAN(Wireless Metropolitan Area Network)という。その後、2003年に策定されたIEEE802.6aと統合する形で、2004年にIEEE802.16-2004が規格化された。IEEE802.16-2004によるネットワークは、WiMAX(ワイマックス:Worldwide Interoperability for Microwave Access)と呼ばれる(Wireless MANのひとつ)。国内では、2009年からモバイル機器に対応したモバイルWiMAXのサービスが始まっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IEEE802.16の関連キーワードIEEE 802.16規格UQコミュニケーションズWiMAX2IEEE

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android