コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WiMAX わいまっくす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

WiMAX

1台のアンテナで半径30マイル(約50km)をカバーし、最大で70Mbpsの速度で通信できる長距離の固定無線規格で、IEEE802.16aのこと。WiMAXは、マイクロ波アクセスの相互運用を図るための非営利団体WiMAX Forumが、IEEE802.16a対応機器に与える認証およびIEEE802.16aの愛称。直近のネットワーク中継地点から末端機器までのラストワンマイルで利用できるワイヤレスブロードバンドとして期待されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

WiMAX

無線による高速通信に関する国際規格「IEEE 802.16」の通称。現在パソコンなどで使われている無線LAN(IEEE 802.11、通称Wi-Fi)に似た特質を持っているが、通信距離に大きな差がある。Wi-Fiが半径数十mまでの「近距離通信」であるのに対し、WiMAXは半径数kmでの「中距離通信」であり、用途は大きく異なる。
当初は、ADSLや光ファイバーの代わりに、ブロードバンド回線を家庭に引き込むための「ラストワンマイル技術」として検討されていたが、携帯電話などでの高速通信ニーズの高まりに合わせ、現在は移動体通信向けの技術「Mobile WiMAX」(IEEE 802.16e‐2005およびIEEE 802.16h)に対応する技術開発が中心。主にデータ通信用として、携帯電話向けの通信技術と補完的に使うことを前提に各社で採用が検討されている。
通信速度は利用する電波帯や技術により様々だが、日本では、2.5GHz(ギガヘルツ)帯の電波を使い、携帯電話に似た全国レベルでのMobile WiMAXサービスと、各地域単位でのラストワンマイル向け(通称「地域WiMAX」)とが検討されている。当初は、パソコンにUSBやPCカードなどの形で差し込む「通信アダプター」を使って通信を行うことになるが、インテルがパソコンに容易かつ安価に内蔵できるタイプの通信アダプターの開発を表明しており、2009年中には、無線LAN同様、パソコンに内蔵して販売されるようになると見られている。
Mobile WiMAX向けには、数社が名乗りを上げていたが、2007年12月、KDDI、インテル、JR東日本などが合弁で設立した「UQコミュニケーションズ」として、09年2月26日より事業開始した。地域WiMAXに関しては、08年3月に免許申請募集が始まり、CATV事業者を中心に42社が免許を申請、同6月に予備免許が交付された。09年内にサービスが開始される見通しだ。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

WiMAX

無線LANの技術を応用して、直接通信回線を引き込めない家屋と屋外のアクセスポイント間での通信などを前提とした、中長距離の範囲をカバーする無線方式の高速データ通信規格です。カバー範囲は半径数キロ~10キロメートルと広く、通信速度も最大で約75Mbpsと高速なのが特徴です。現在は通信速度を最大40Mbpsに抑え、移動しながら使える「モバイルWiMAX」の普及が進んでおり、2013年には、より高速な「WiMAX2+」も開始されました。
⇨無線LAN、モバイルルーター

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

WiMAX
わいまっくす

無線通信の標準規格であるIEEE802.16のなかで、使用周波数帯を変更したIEEE802.16aの通称。World wide Interoperability for Microwave Accessの頭文字からWiMAXと表記し、ワイマックスと読む。
 IEEE802.16は、電話回線や光ファイバーで接続されている通信網の末端の部分にあたる、いわゆるラスト・ワン・マイルの接続手段としての利用が想定された通信規格である。周波数帯は10~88ギガヘルツとなっている。一方、WiMAXでは2~11ギガヘルツに周波数帯が変更されているが、通信速度や最大距離はほぼ同じ性能であり、理論値では1台のアンテナで半径約50キロメートルをカバーし、伝送速度最大毎秒70メガビットを実現する。また、モバイル端末向け規格としてIEEE802.16eがあり、モバイルWiMAXとよばれる。周波数帯は6ギガヘルツ以下で、理論値としての伝送距離が半径約1~3キロメートル、伝送速度が最大毎秒75メガビットとなっている。日本ではUQコミュニケーションズ社が2009年(平成21)2月からサービスを開始している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

WiMAXの関連キーワードIEEE 802.16規格モバイルWiMAXルーターヘテロジニアスネットワークWiMAXモバイルルーターIMTモバイルWiFiルーター第四世代移動通信システムLTEIEEE 802.16aIEEE802.16mLTEアドバンストWiMAXルーターワイマックス2802.16eプロバイダー256カム張かせん藤井博之MVNOXGP

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

WiMAXの関連情報