コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モバイルWiMAX モバイル ワイマックス

3件 の用語解説(モバイルWiMAXの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

モバイルWiMAX

無線でブロードバンドに近い通信速度を実現する、モバイル向けのネットワークシステムの規格。もとは固定設備向けのWiMAXという規格があり、それを移動体向けに拡張した。時速120kmでの移動でも基地局を中継しながら通信を継続できる。最大データ転送速度は75Mbps。国内では2009年にUQコミュニケーションズがサービスを開始した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モバイル‐ワイマックス【モバイルWiMAX】

mobile WiMAX》高速無線通信ネットワークの規格WiMAXを、高速移動中でも通信できるよう拡張したもの。2005年にIEEE米国電気電子学会)で承認された標準規格IEEE 802.16eの通称。使用周波数帯は2.5~6ギガヘルツ、最大伝送速度は約75Mbps。基地局より約2~3キロメートル以内での無線通信、および時速120キロメートル程度の移動速度でもインターネット接続が可能。次世代の無線ブロードバンド通信の規格の一つとして注目されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

モバイルワイマックス【モバイルWiMAX】

モバイル向け無線通信の標準規格。2005年、IEEE(アイトリプルイー)により承認。使用周波数帯は2~6GHz、伝送速度は最大75Mbps程度で、時速120kmの移動速度でも通信が可能。次世代のブロードバンド無線通信を担う技術のひとつとされ、スマートフォンPDAノートパソコンなどによる利用が進んでいる。◇正式名称は「IEEE 802.16e(はちゼロにてんいちろくイー)」。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モバイルWiMAXの関連キーワードWiMAXWiMAX(ワイマックス)無線無線局超広帯域無線無線LAN親機無線LAN子機ワイマックスワイマックス2民主党の高速無料化公約

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モバイルWiMAXの関連情報