コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IF回路 アイエフかいろintermediate frequency circuit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IF回路
アイエフかいろ
intermediate frequency circuit

受信機・中継機において周波数変換された信号を処理する回路。狭義には,スーパーヘテロダイン受信方式において復調のために周波数変換された信号を取り扱う回路。原信号より低周波であるので増幅などの信号処理が容易になり,また選択度特性の良い回路構成ができるなどの特徴がある。 IF回路周波数は,中波放送用受信機では 455kHz,FM放送用では 10.7MHz,TV放送用では 56MHzと定められている。通信用機器では用途に応じて設定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android