コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IFR あいえふあーる/IFRinstrument flight rule

知恵蔵の解説

IFR

事前に提出した飛行計画と、航空交通管制に従って飛行するのがIFR。パイロットの目視によって、状況を確認しながら飛行するのがVFR。安全確保のために、VFRは許可された空域での好天時の飛行、報道、救急などの例外的な飛行に限られる。航空交通管制を受けていないため、事故発生の確認も遅れる。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アイ‐エフ‐アール【IFR】[instrument flight rules]

instrument flight rules》計器飛行方式。有視界飛行方式(VFR)に対していう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

IFR

〖instrument flight rules〗
計器飛行規則。高度・経路など、常に管制機関の指示を受けながら飛行する。 → VFR

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IFR
アイエフアール

計器飛行方式」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のIFRの言及

【計器飛行方式】より

…航空機の運航に当たり,パイロットの目視に頼って飛行できる十分な視界が確保されていない場合は,航空機の飛行経路,飛行高度,飛行方法などについて,つねに航空交通管制の指示を受けながら,機上の計器指示に頼って飛行しなければならない。この飛行方式を計器飛行方式instrument flight ruleといい,略してIFRとも呼ばれる。現在,定期航空では,途中の気象変化に備え,また他機との衝突や異常接近を防ぐため,視界のよいときでもIFRで運航しているのがふつうである。…

【航空気象】より

… 航空気象観測がきめ細かく行われるのは,航空機を安全に離着陸させるための最低気象条件が各飛行場で決められており,気象状態が最低気象条件より良い場合でも,飛行方式を気象状態によって制限するためである。
[飛行方式]
 飛行方式には有視界方式visual flight rule(VFR)と計器飛行方式instrument flight rule(IFR)がある。いま飛行場の地上視程が5km以上,雲高が300m(一部の飛行場は450m)以上あれば,その気象状態を有視界気象状態VFR meteorological condition(VMC)と呼び,航空機はVFRに従って飛行できる。…

※「IFR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

IFRの関連キーワード黒頭馬糞背条隠翅虫クレディ・スイス日光小鬼蟻塚虫有視界気象状態有視界飛行方式零余子雪の下白烏帽子蟻鳥鍬形偽歩行虫櫛角矮埋葬虫深山眼高芥虫三星矮大茸虫計器気象状態前黄淡飴蜂千島雲間草艶黒似我蜂黄額舞子鳥黄額木葉鳥黄頭縞螟蛾小帽子鸚哥蝦夷雌羊歯

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

IFRの関連情報