コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有視界飛行方式 ゆうしかいひこうほうしきvisual flight rule

知恵蔵の解説

有視界飛行方式

IFR」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうしかいひこうほうしき【有視界飛行方式】

航空機の飛行方式の一つ。十分な視界がつねに確保されるような気象状態では,パイロットは空港および空港周辺で航空交通管制の指示を受けるだけで,あとは独自の判断で自由に飛行できる。これを有視界飛行方式visual flight rulesといい,略してVFRとも呼ばれる。この方式による場合,飛行計画を最寄りの空港事務所に提出するだけで飛行でき,VFRに規定された高度であれば,自由にコースを選ぶことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有視界飛行方式
ゆうしかいひこうほうしき
visual flight rules; VFR

航空機が操縦士の目視によって飛行する飛行方式。これに対し,航空機の姿勢,高度,位置および針路の測定を計器にのみ依存して行なう飛行を計器飛行方式 IFRという。有視界飛行を行なうには,雲高および視程の気象条件が他の航空機や障害物から安全な間隔を保ちながら飛行できるような有視界気象状態 visual meteorological condition(VMC)でなければならず,そのための最低限度が設けられている。たとえば飛行場では視程 5km以上,雲高 300m以上,また管制圏以外の空域を 3000m未満で飛行する場合は水平 600m,上方 150m,下方 300mの範囲に雲がなく,視程 1.5km以上と定められている。逆に,このような気象条件ならば,操縦士は自分の判断で自由に飛行できるが,空港周辺や特定の空域では管制機関の指示に従わなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の有視界飛行方式の言及

【航空気象】より

…航空機の運航の安全,快適,効率にかかわる気象。航空機に働く揚力は翼の空気に対する相対速度の2乗と空気の密度に比例する。気温が高い(空気密度が小さい)場合,航空機に向かう風が弱い場合,ともに揚力は減少し滑走距離は長くなる。飛行場周辺の低層の風の鉛直シアー(上層と下層の風の差)が大きいと滑走距離が通常より延びる。また,飛行場の視程が悪かったり,雲が低かったり,強風が滑走路を横切って吹くような場合は,航空機の離着陸は危険になる。…

※「有視界飛行方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有視界飛行方式の関連キーワード計器気象状態シーリング

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android