コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMF第9次増資問題 アイエムエフだいきゅうじぞうしもんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IMF第9次増資問題
アイエムエフだいきゅうじぞうしもんだい

約 900億 SDRの出資金を 50%増資し,ほぼ 1350億 SDRにするという内容を持つもので 1990年6月の IMF総務会で決定された。この中で,「IMFの権利義務の基礎となる各国の出資シェアは,各国の経済実体を適正に反映しなければならない」とする日本の主張が基本的に受け入れられ,日本の出資比率は,米,英,独,仏に次ぐ第5位 (4.69%) から,ドイツと並び第2位 (6.10%) となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

IMF第9次増資問題の関連キーワードSDRIMF債IMF主要通貨標準バスケット方式SDR特別引き出し権SDR外貨準備航空損害賠償責任国際通貨