コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IPセントレックス あいぴーせんとれっくす

1件 の用語解説(IPセントレックスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IPセントレックス

企業向けIP電話サービスで、従来の加入者電話におけるPBX構内交換機)の機能を外部業者にアウトソーシングするサービス。Centrexとは「Central(中央の)」と「Exchange(電話交換機)」の合成語で、これにVoIP技術が加わったことでIPセントレックス呼ばれる。IPセントレックスでは、PBXの機能を持つサーバー(IP-PBX)やソフトスイッチが、網内にあるすべてのIP電話端末間の通話を処理する。企業活動に必要な「保留」「転送」「代表番号着信」などの制御もこうしたIPセントレックスサーバーが行なう。サーバーは、キャリアや専門の事業者が保守・運用するため、ユーザー企業はPBXが不要になる。IP電話を配置した社内LANを、WAN回線でIPセントレックスの事業者に接続するだけでよい。これで電話網とデータ網がIPネットワーク一元化され、PBXの所有・通信コストが削減される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IPセントレックスの関連キーワードユーザーサポートサービス価格指数サービスキープサービスダウンIP電話サービスセカンドサービス

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IPセントレックスの関連情報