IRR

M&A用語集の解説

IRR

内部収益率、投資の収益性市場金利などと比較して評価するための指標で投資効率判定に利用する。投資額とその投資から得られるキャッシュフローの現在価値が等しくなるように計算した複利割引率。ベンチャーキャピタルファンド、買収ファンド等でファンドの運用成績を評価する際に重要視される指標のひとつ。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

IRR

〖internal rate of return〗
投資により得られる純現金収益の現在価値と投資に必要な現金支出の現在価値が等しくなるような割引率。内部収益率。 〔この値は NPV がゼロとなる割引率で、IRR が投資コスト(借入金利等)よりも大きければ投資対象として有利と判定される〕 → NPV

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android