内部収益率

人材マネジメント用語集「内部収益率」の解説

内部収益率

・内部収益率
IRR Internal Rate of Return
投資に対する将来のキャッシュフローの現在価値計額と投額の現在価値の累
計額が等しくなる場合の割引率(利率)のこと。つまり正味現在価値(NPV)がゼロ
となる割引率(利率)を指す。
・IRRは投資プロジェクトの評価の指標として活用される。例えば、100万円の設備投
資に対して,毎年30万円のキャッシュを回収し,3年目のキャッシュ回収後に設備を
40万円で売却する場合のIRRは、-1,000,000+300,000/(1+r)+300,000/(1+r)^2+
700,000/(1+r)^3=0 を満たすrである。この場合のIRR=12%となる。
・このIRRが資本コスト(資金調達コスト)より高ければ投資すべきであり、低けれ
ば投資すべきでないと判断する。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「内部収益率」の解説

内部収益率

投資案件を評価する指標の1つ。投資に対する将来における現在価値と投資額の現在価値が等しくなる変数が内部収益率にあたる。この割合が投資コストよりも大きければ有利な投資案件、逆に投資コストよりも小さければ不利な投資案件と判断できる。ベンチャーキャピタル業界などでは、内部収益率20%が投資を判断する上での1つの目安とされる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android