コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MACアドレス マック アドレス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MACアドレス

ネットワークに接続する機器に設定されている固有の認識番号。通信の宛先を特定するために使用される。通常は機器の製造時にROMに書き込まれて出荷されるため「ハードウェアアドレス」とも呼ばれる。アドレスのデータ長は48ビットで、前半の24ビットは「OUI(Organizationally Unique Identifier)番号」と呼ばれ、メーカーごとに割り当てられた重複のない番号となっている。残りの24ビットはネットワーク機器の製造時に、メーカーが重複がないように割り当てている。最近では、MACアドレスを変更できる機器が登場したり、仮想マシンにMACアドレスをつけることがあるため、MACアドレスでの機器の特定は難しくなっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

MACアドレス

LAN端子を識別するための番号で、端子(正確にはインターフェース)ごとに固有の番号が割り当てられています。メーカーからの出荷時にあらかじめ決められており、物理アドレスとも呼ばれます。
⇨物理アドレス

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マック‐アドレス【MACアドレス】

MAC addressmedia access control addressイーサネットに接続するすべての機器がもつ固有のID番号。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

マックアドレス【MACアドレス】

イーサネットに接続する機器を識別するための番号。製造時にすべての機器に対し、固有の番号が割り当てられる。データ転送のあて先を指定するために用いられる。◇「MAC」は「media access control」の頭文字。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

MACアドレスの関連キーワードEthernet Addressアプリケーションスイッチブリッジ(ネットワーク)イーサーネットアドレスプロミスキャスモードウォードライビングMACアドレス制限アクティブモニターブロードキャスト仮想ネットワークBSSBSSIDRARPVLANVRRPARP

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android