MAESTRO(読み)まえすとろ,まえすとろ

カメラマン写真用語辞典の解説

MAESTRO

 ライカの次世代中判デジタル一眼レフカメラシステム 「ライカSシステム」 の第一弾、ライカS2 に搭載された画像処理LSI の名称。Maestro はイタリア語で、ドイツ語なら Meister、つまり 「名人、職人」 の意。このLSI とこれを制御するソフトウェアは、ライカカメラAG と日本の富士通マイクロエレクトロニクスによる共同開発の産物だ。  富士通マイクロエレクトロニクスという会社 (富士通のグループ会社のひとつ) はあまり知られていないが、平成13(2001)年よりデジタルカメラ向けの画像処理システムLSI をデジタル一眼レフカメラ、デジタルコンパクトカメラ、さらにカメラ付き携帯電話に広く供給している。そのLSI は 「Milbeaut(ミルビュー)」 という。画像の圧縮や伸長、ノイズ除去、メモリーカードの処理などの機能をワンチップに搭載している。なお、右の写真はイメージで実際のLSI とは異なる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MAESTROの関連情報