コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NCA(読み)エヌシーエー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

NCA
エヌシーエー

N-carboxy anhydrideの略。アミノ酸の N-カルボン酸の分子内無水物。アミノ酸のカルボベンゾキシ誘導体の酸塩化物を熱するか,アミノ酸をホスゲンと反応させてつくられる。反応性に富み,アミンなどの存在により脱炭酸を伴って重合し,一挙に高分子量のポリペプチドが得られる。 E.H.ロイヒスが見出したので (1906) ,ロイヒス無水物,これを用いる重合法をロイヒス法と呼ぶ。異種アミノ酸との共重合体も得られるが,数種のアミノ酸が規則的に繰返し配列した構造のポリペプチドはこの方法では得られない。 (→ペプチド合成 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エヌ‐シー‐エー【NCA】[National Command Authority]

National Command Authority》国家指揮最高部。米国の軍事システムの最高指導部。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NCAの関連情報