コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸塩化物 さんえんかぶつacid chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸塩化物
さんえんかぶつ
acid chloride

カルボン酸のカルボキシル基水酸基塩素で置換した化合物総称。一般式 RCOCl 。一般にカルボン酸にリンか硫黄の塩化物を作用させると生成する。酸塩化物はきわめて水と反応しやすく,空気中の湿気と反応して酸と塩化水素とに分解する。また有用なアシル化剤で,アルコール,アミンと激しく反応して,それぞれエステル酸アミドになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

酸塩化物【さんえんかぶつ】

酸の水酸基を塩素で置換した化合物の総称。通常カルボン酸の塩化物をいう。塩化アセチルCH3COCl,塩化ベンゾイルC6H5COClなど。酸無水物と同様,アンモニアと反応して酸アミドを,アルコールと反応してエステルを生ずる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんえんかぶつ【酸塩化物 acid chloride】

広義には酸の水酸基を塩素で置換した化合物の総称で,カルボン酸塩化物RCOCl,スルホン酸塩化物RSO2Clなどがある。単に酸塩化物といえばカルボン酸塩化物をさすことが多く,塩化アシルacyl chlorideともいう。命名はアシル基RCO-名の前に〈塩化〉をつける。たとえばCH3COClを塩化アセチルと呼ぶ。低位の酸塩化物は刺激臭をもつ無色の液体で,湿気にあうと発煙する。高位のものは固体で比較的安定である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんえんかぶつ【酸塩化物】

-COCl という基をもつ一群の有機化合物の総称。塩化アセチル CH3・COCl など。一般に無色の発煙性液体で、刺激臭がある。水と反応して酸を、アルコールと反応してエステルを生じる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸塩化物
さんえんかぶつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酸塩化物の関連キーワードアルント=アイシュテルト合成ショッテン=バウマン反応ローゼンムント還元カルボニル化合物アミン(化合物)塩化ベンゾイルフェニル酢酸ニトロ化合物スルフィン酸ヒドラジドアミド結合レッペ反応アルデヒドアセチル化有機化合物エステル化アシル基アニリンアニリドホスゲン

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android