コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NSXボディ構造

1件 の用語解説(NSXボディ構造の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

NSXボディ構造

①高強度、高剛性押出し成形サイドシル。②フロント衝突エネルギーを効率よく吸収するフロントサイドフレーム。③メインフレームに固定した高剛性センターピラー。④リア衝突時にフューエルタンクを守る大断面高強度リアフレーム。⑤アーク溶接による高剛性極細ピラー。⑥ボディー強度、剛性の向上とエンジンルームからの断熱、遮音に効果のある二重パーティションガラス。⑦アウターパネルを組付け部品化すつことにより軽衝突時のリペア性向上。保管場所ホンダコレクションホール(〒 321-3597 栃木県芳賀郡茂木町大字桧山120-1 ツインリンクもてぎ内)
製作(製造)年1990
製作者(社)本田技研工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(動態)
型式名ホンダ E-NA1
通称名NSXボディ構造
会社名本田技研工業株式会社
実車所在ホンダコレクションホール
搭載車名NSX
製作開始年1990
設計者 
構造・方式・手段・方法等・フロアー骨格を連続にしてフレーム断面を大きく採り、剛性を向上。押出し整形材のサイドシルからサスペンションを取り付けるサブフレームに至るまで剛性解析により理想的な高剛性設計とした。・アルミニウム溶接の専用機を開発(アーク溶接機、スポット溶接機)。
機能・作用等・スポーツカーとしての軽量ボディの実現(ホワイトボディ 重量210kg)
エピソード・話題性開発段階において、故アイルトン・セナによる鈴鹿サーキットテストでサスペンションのバネ定数とボディねじり剛性不足が指摘された。後のテストコースは世界一の車体開発のため、西ドイツニュルブルクリンクオールドコースを使用した。
効果・軽量アルミニウム高剛性ボディと最適サスペンションによる高い運動性能が得られた。
特徴 

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NSXボディ構造の関連キーワード剛性率ワイドショー高強請ハイブリッドシルク押出しコーティング押出しラミネート法共押出し成形法サイドシーム缶サイドシュートサイドショア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone