コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OLAP おーらっぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

OLAP

クライアントが直接データベースの検索・集計を行って分析するというデータ分析の方法。また、その目的のためのシステムやツールのこと。クライアントが直接データを操作する点において、従来の方法と異なる。MOLAPROLAPHOLAPなどの種類がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

DBM用語辞典の解説

オーラップ【OLAP Online Analytical Processing】

分析したい次元(軸)を定義して膨大なデータを分析する意思決定支援(DSS)ツール。1次元に売上など変数、2次元期間、3次元支店、4次元商品と定義すれば、4次元からなる分析が可能になる。1993年、コッド(Codd)博士がOLAP製品16のルールを指摘(『リアルタイム・マネジメントの実践』荒川圭基著)。OLAPはリレーショナル・データベースを利用したROLAP、多次元を利用したMOLAPの2種類がある。MOLAPは別名、多次元データベースと呼ばれる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

OLAPの関連キーワードオニキバシリ(鬼木走)OLAPキューブボラピューク語プロラプス層理ボラピュク語データマオニキバシリモデリング縞頭鬼木走岩啄木鳥襟巻竈鳥

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

OLAPの関連情報