コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OLE オー エル イー、オーレ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

OLE

Windowsのアプリケーション間の連携技術で、データの埋め込みとリンクを実現する。たとえば、この技術を利用すると、表計算ソフトで作成したグラフワープロ・ソフトで作成した文書に貼り付けられる。これを埋め込みと呼ぶ。このとき、ワープロ・ソフトに貼り付けたグラフは、表計算ソフトの機能を呼び出して表示されるため、ワープロ・ソフトがグラフのデータ形式に対応している必要はない。また、表計算ソフトでデータを更新すると、ワープロ・ソフト上のグラフも自動的に更新される。これをリンクと呼ぶ。OLEでは、ほかのソフトウェアの機能を呼び出すソフトウェアをコンテナーと呼び、呼び出されるソフトウェアをサーバーと呼ぶ。サーバーのうち、単体では起動できず、ほかのソフトウェアから呼び出すことで機能するソフトウェアをOLEコントロールと呼ぶ。現在は、OLEの概念がActiveXに取り込まれており、OLEコントロールも、ActiveXコントロールと呼ばれるようになっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オーレ【OLE】[object linking and embedding]

object linking and embedding》コンピューターで、文書中に他のアプリケーションで作成した図表など(object)を埋め込むためのウインドウズの規格。複数のアプリケーションソフト間でデータ交換連携を実現できる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

OLE

〖object linking and embedding〗
パソコンなどで、アプリケーション-ソフト間のデータの連携処理を実現する機能。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

OLEの関連キーワードMicrosoft Internet Explorergas cooled reactorアクティブマトリックス式有機ELインプレースアクティベーションActive PlatformOLEコントロールコンテナーアプリケーション間連携機能ActiveXドキュメントコンパウンドドキュメントroom coolerBack OfficeOLEオートメーションWindows 3.1埋め込みオブジェクトシュトリットマター幸せの黄色いリボンアイスランド文学OLAP OLEブーリアン演算プロセス間通信

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

OLEの関連情報