コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

P2Pソフト ぴーつーぴーそふと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

P2Pソフト

サーバーを介さずに、PCとPCを直接ネットワークで接続してデータをやり取りする通信ソフト。P2Pは「Peer to Peer」の略。WinMXは、ユーザーを引き合わせる役割をサーバーが担っているため、クライアント同士が直接通信するのはファイルを交換している最中のみになる。FTPなどに比べるとサーバー負荷は軽微だが、P2Pソフトとしては原始的な方式。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

P2Pソフトの関連キーワードOpenNapファイル共有

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android