PTC(造影法)(読み)ぴーてぃーしー

世界大百科事典内のPTC(造影法)の言及

【胆囊造影】より

…その際には,胆道内に直接造影剤を注入し,撮影する直接造影法が用いられる。これには,細い穿刺(せんし)針を用い,体外から,皮膚・肝臓を穿刺し,肝内胆管に造影剤を入れる経皮経肝胆道造影法percutaneous transhepatic cholangiography(PTC)と十二指腸内視鏡を用い,胆管十二指腸開口部(ファーター乳頭)を観察しながら,その中に細い管を挿入し,造影剤を注入する内視鏡的逆行性胆管膵管造影法endoscopic retrograde cholangiopancreatography(ERCP)の二つの方法がある。いずれも,肝機能障害や胆管流通障害による胆汁分泌の障害が生じているときでも,十分な造影剤を注入することにより明りょうな胆道像が観察できるすぐれた方法だが,技術的に難しいことと,ときに危険を伴うことがあるため,入院を必要とする。…

※「PTC(造影法)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android