Paper

留学用語集の解説

いわゆるレポート、論文のこと。教授科目によってpaperの分量頻度は異なりますが、だいたい学期末に、大学では7、8枚~30枚、大学院では20~50枚くらいのpaperを科目ごとに提出します。テーマに沿って、大量の文献を参照・引用しながら、自分の考えや意見、アイデアを盛り込み、論理的にテーマを発展させるのが、アメリカのpaperです。成績査定の材料として、中間試験(mid-term examination)や期末試験(final examination)同様、あるいはそれ以上の比重を占めるので、留学生も必死に取り組みます。このpaper作成に、相当の時間がかかることを覚悟しておきましょう。

出典 栄陽子留学研究所留学用語集について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Paperの関連情報