コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Pentium Processor with MMX Technology

1件 の用語解説(Pentium Processor with MMX Technologyの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Pentium Processor with MMX Technology

MMXと呼ばれるマルチメディア処理命令を追加したPentiumプロセッサー。MMXは、57個のマルチメディア処理命令で構成され、これにより、主に画像処理などを高速に実行できる。MMX Pentiumと省略される場合も多い。MMX Pentiumの動作電圧は、CPUコアが2.8V、I/Oが3.3Vのデュアルボルテージとなっている(ノートPC向けMMX PentiumのCPUコア電圧は2.5V)。Pentiumと同じSocket 7に実装可能だが、CPUコアの動作電圧が異なるため、単純にPentiumプロセッサーとの置き換えは行なえないので注意が必要だ。ただ、MMX Pentiumに対応した電圧レギュレータを搭載するCPUソケットを利用すれば、既存のPentiumマシンに搭載することも可能である(ただしBIOSアップグレードなどが必要な場合もある)。製造プロセスは、Pentiumの0.35μ4層メタルBiCMOSテクノロジーから、0.35μ4層メタルCMOSテクノロジーに変更された。1次キャッシュ容量をPentiumの2倍の32Kbytesにしたことと、MMXユニットの追加などにより、トランジスタ数は450万トランジスタになった。Pentiumが330万トランジスタだったので、3割以上増加したことになる。Intelによれば、増えたトランジスタのほとんどが、1次キャッシュの増加分であるという。ダイサイズも、Pentiumの90mm2から140mm2と1.5倍になった。それでも、PentiumⅡの203mm2よりはかなり小さい。このMMX PentiumやPentiumⅡが出荷されるまでは、PentiumプロセッサーがコンシューマからビジネスまでをカバーするCPUとして位置づけられていたが、これらの登場によって、コンシューマ向けとしてはMMX Pentium、ビジネス向けとしてはPentiumⅡが用いられるようになった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Pentium Processor with MMX Technologyの関連キーワードMMXSIMDタイトルマルチメディアリッチメディアMPCハイパーメディアマルチメディアコンテンツミクストメディアリアルメディア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone