コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Pentium Processor with MMX Technology

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Pentium Processor with MMX Technology

MMXと呼ばれるマルチメディア処理命令を追加したPentiumプロセッサー。MMXは、57個のマルチメディア処理命令で構成され、これにより、主に画像処理などを高速に実行できる。MMX Pentiumと省略される場合も多い。MMX Pentiumの動作電圧は、CPUコアが2.8V、I/Oが3.3Vのデュアルボルテージとなっている(ノートPC向けMMX PentiumのCPUコア電圧は2.5V)。Pentiumと同じSocket 7に実装可能だが、CPUコアの動作電圧が異なるため、単純にPentiumプロセッサーとの置き換えは行なえないので注意が必要だ。ただ、MMX Pentiumに対応した電圧レギュレータを搭載するCPUソケットを利用すれば、既存のPentiumマシンに搭載することも可能である(ただしBIOSアップグレードなどが必要な場合もある)。製造プロセスは、Pentiumの0.35μ4層メタルBiCMOSテクノロジーから、0.35μ4層メタルCMOSテクノロジーに変更された。1次キャッシュ容量をPentiumの2倍の32Kbytesにしたことと、MMXユニットの追加などにより、トランジスタ数は450万トランジスタになった。Pentiumが330万トランジスタだったので、3割以上増加したことになる。Intelによれば、増えたトランジスタのほとんどが、1次キャッシュの増加分であるという。ダイサイズも、Pentiumの90mm2から140mm2と1.5倍になった。それでも、PentiumⅡの203mm2よりはかなり小さい。このMMX PentiumやPentiumⅡが出荷されるまでは、PentiumプロセッサーがコンシューマからビジネスまでをカバーするCPUとして位置づけられていたが、これらの登場によって、コンシューマ向けとしてはMMX Pentium、ビジネス向けとしてはPentiumⅡが用いられるようになった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

Pentium Processor with MMX Technologyの関連キーワード6x86MXAMD-K6OverDrive ReadyソケットK6P55CMMX PentiumプロセッサーSmartDieWinChip C6+SSEF0バグ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android