コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

6x86MX

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

6x86MX

Cyrixが開発したPentium Processor with MMX Technology/Pentium Ⅱ対抗のSocket 7互換プロセッサー。M2の開発コード名で呼ばれていた。ラインアップとしては、Pentium Processor with MMX Technology-166MHz/200MHz、Pentium Ⅱ-233MHzと同等の性能を発揮するとされる3製品が提供されている。内部クロックは133MHz~188MHzで、内外クロック倍率は2倍または2.5倍である。6x86MXは、基本的に6x86をベースにさまざまな改良が施されている。具体的には、Pentium Processor with MMX Technology互換のMMX命令実行ユニットを内蔵し、1次キャッシュを4倍の64Kbytesに増量、TLBやBTBの構成を変更する、などといった大幅な改良が行なわれた。命令体系はx86 CPUと互換で、ピン配置はPentium Processor with MMX Technologyと互換性がある。MMX機能は、Cyrixが独自に解析して実装したものである。6x86MXはデュアルボルテージ構造を採用しており、コア電源は2.9V(初期バージョンは2.8V)でI/O電源は3.3Vである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

6x86MXの関連キーワードOverDrive ReadyソケットAMD-K6440BXペンティアム440FXCyrix 5x866x86P-RatingCyrixSocket 5

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android