コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rh- あーるえっちまいなす

世界大百科事典内のRh-の言及

【血液型】より

…これら五つの抗原をしらべると型の種類は18型以上にもなり,遺伝学上きわめて有力な情報を提供してくれるが,輸血など臨床医学上の目的でRh血液型をしらべる場合には,まずD抗原だけを対象とするのが通例である(その理由については後述の〈血液型と輸血〉参照)。D抗原をしらべることによって,Rh+(陽性,D+型)とRh-(陰性,D-型)の2型を区別することができる。Rh+,Rh-の出現頻度は人種や民族によって異なり,白人の間ではRh-が15~20%,黒人では3~10%もあるのに,日本人では平均して0.5%(約200人に1人)ぐらいしかない(ただし沖縄では約1%と多い)。…

※「Rh-」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Rh-の関連キーワードパンチェン・オルドニコーカソイド大人種モンゴロイド大人種Rh式血液型モンゴロイドアカゲザル黄金の血出生順位

Rh-の関連情報