TDRS(読み)ティーディーアールエス(英語表記)tracking and data relay satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

TDRS
ティーディーアールエス
tracking and data relay satellite

追跡データ中継衛星。 NASAで開発された,世界初のデータ中継衛星。1号機は 1983年,以降 87年までに4機が打ち上げられ,現在3機が稼働中である。 95年以後は改良型に変更される。 TDRSには,人工衛星間の通信用として,周波数がSバンドとKバンド帯の直径 4.9mの駆動型パラボラアンテナが2基,Sバンド帯のフェーズドアレイアンテナが1基,および地上管制局と衛星間の通信用として,直径 2mの駆動型パラボラアンテナが搭載されている。データ通信能力は1チャンネル当たり 300Mbpsで,重量は約 2tである。管制局はアメリカ,ニューメキシコ州ホワイトサンズにあり,TDRSの姿勢・軌道制御および TDRSを中継して対ユーザー衛星のデータ送受信を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android