コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NASA ナサNASA

翻訳|NASA

5件 の用語解説(NASAの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナサ【NASA】[National Aeronautics and Space Administration]

National Aeronautics and Space Administration》米国航空宇宙局。1958年に設立された政府機関。アポロ計画スペースシャトル計画などを達成し、国際宇宙ステーションの開発にも参画している。ワシントン特別区に本部があるほか、各地にジョンソン宇宙センターケネディ宇宙センターなどの施設をもつ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

NASA【ナサ】

National Aeronautics and Space Administrationの略。ふつうアメリカ航空宇宙局と訳される。アポロ計画はじめ,惑星探査計画,スペースシャトル計画など米国の軍事用を除く宇宙計画の総推進機関。
→関連項目アポロ計画エドワーズ基地ケープ・カナベラル磁性流体ハッブル宇宙望遠鏡ヒューストンブラウンボエジャーマーキュリー計画マリナー計画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナサ【NASA】

National Aeronautics and Space Administrationの略。アメリカの政府機関の一つで,アメリカ航空宇宙局,あるいは単に航空宇宙局と訳されることが多い。組織的には大統領に直接指導される独立した官庁である。NASAは1958年10月1日,宇宙の探査とそのための技術開発を軍の活動と切り離して高い理念の下に実施したいというアイゼンハワー大統領の意向により,それまで主として航空工学の研究を指導してきたNACA(ナカ)(National Advisory Committee on Aeronauticsの略。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

NASA
ナサ

アメリカ航空宇宙局」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NASA
なさ

アメリカ航空宇宙局National Aeronautics and Space Administrationの略称。主として非軍事的な宇宙活動と航空の研究が行われている。1958年にアメリカ航空宇宙法によって設置されたが、その母体は1915年に設置されたNACA(航空諮問委員会)であった。1960年代におけるアメリカ最大の宇宙開発目的であった有人月探査計画(アポロ計画)はNASAによって進められ、1969年第1回の月面着陸以来、1972年までに計6回の月面探査に成功した。その後NASAは、新しい宇宙輸送システムを構成するスペースシャトルの開発に着手し、1981年に初飛行を成功させ、以後、人工衛星の打上げやスペースラブ宇宙実験室)での各種実験など実用段階に移っていった。しかし1986年1月スペースシャトル25回目の打上げにおいて「チャレンジャー号」が爆発、乗員7名が死亡する事故が発生、1988年9月まで打上げは停止された。以後は継続的に打上げが行われたが、2003年2月、113回目の打上げにおいて「コロンビア号」が着陸約16分前に空中分解する事故が発生、乗員7名が死亡した。この事故によりシャトルの打上げは中断したが、2年半後の2005年7月、「ディスカバリー号」で、114回目の打上げが行われた。1990年代後半より国際宇宙ステーション計画(2010年時点で15か国が参加)の建設資材の運搬手段の主力となった。また、惑星探査、宇宙利用などのプロジェクトを行っている。組織としては、ワシントンの本部のほかに、エームス、ラングレー、グレンの各研究センタージェット推進研究所ゴダードマーシャルの各宇宙飛行センター、ジョンソンケネディ、ステニスの各宇宙センターなどがある。[平木 一・久保園晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のNASAの言及

【宇宙開発】より

…さらに改善された通信衛星はこれを静止衛星軌道にのせて,つねに地上との位置関係を同じに保ち,あたかも地球上の上空に固定した中継局のように利用するものである。NASA(ナサ)のシンコム3号(1964)がこの種の衛星の先駆けとなり,現在ではインテルサットという国際組織による同名の通信衛星の運用が行われ,国際通信の一端を担っている。このほか,ロシアは高緯度の領土に適した楕円軌道のモルニア型衛星を用いて国内通信に供している。…

※「NASA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

NASAの関連キーワードNASANASAナサNASA妊娠中絶禁止運動アンチ・アボーション運動国内総生産GDPPTAスーパーボウル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NASAの関連情報