コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ultra ATA/66

1件 の用語解説(Ultra ATA/66の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Ultra ATA/66

Ultra ATAより転送レートをさらに高めた、IDEの拡張仕様。その名のとおり、最大転送レートは66Mbytes/secとされる。正式な規格として、ATA-4とATA-5のどちらかに含まれるものと思われる。66Mbytes/secの最大転送レートを発揮する転送モードは、Ultra ATAの場合と同様に、Ultra DMA/66と呼ばれるようだ。Ultra ATA/66では、転送レートをUltra ATAの2倍に高めるために、ケーブルの信号線数を従来の40本から80本に増やし、増やした分をグラウンドに割り当て、より高い周波数の信号を伝送できるようにしている。1998年2月に、Quantumが1999年中にUltra ATA/66対応製品を出荷する予定であることを発表している。またIntelも、Ultra ATA/66対応のIDEインターフェイスを内蔵したチップセットを提供する予定である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

Ultra ATA/66の関連キーワードUltra ATAATASerial ATAIDE (ATAPI)Ultra DMAシリアルATAシリアルATAFast ATAパラレルATAUltra ATA/133

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone