コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ATA えーてぃーえー

5件 の用語解説(ATAの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ATA

ANSIによって標準化された、ハードディスクなどを接続するためのインターフェイス規格。IDEを標準化したATA-1に始まり、エンハンストIDEのうちハードディスクに関する規格を標準化したATA-2、ATA-2を拡張したATA-3、ATAPIUltra ATAを取り込んだATA/ATAPI-4と発展した。現在は、転送速度を66MB/秒にしたATA/ATAPI-5(ATA/66)、100MB/秒にしたATA/ATAPI-6(ATA/100)が登場している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐ティー‐エー【ATA】[advanced technology attachment]

advanced technology attachment》パソコンとハードディスクを接続するインターフェース規格。1989年、米国国家規格協会(ANSI)により標準化された。アタ。→ハードディスク

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

アタ【ATA】

パソコンとハードディスクなどを接続するインターフェースの規格のひとつ。1989年にアメリカ規格協会ANSI)により策定され、90年代以降、後継規格も含め広く普及した。◇「advanced technology attachment」の頭文字から。「エーティーエー」ともいう。

エーティーエー【ATA】

アタ

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のATAの言及

【除草剤】より

…これが,空気中の酸素によって酸化され,もとのジピリジル陽イオンに戻る際に発生する過酸化水素が殺草活性を示す。トリアゾール系除草剤ATAはクロロフィル生合成阻害活性を,またクレダジンはオーキシン拮抗作用を有する。農薬【高橋 信孝】。…

※「ATA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ATAの関連キーワードIDEANSI.SYSANSIルーメンT4回線SCSI-1アサ(ASA)ASA感度USASIASCIIコードATAPI

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ATAの関連情報