コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VLANタギング方式

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VLANタギング方式

複数のスイッチングハブを持つ大規模なネットワーク上で、バーチャルLANを構築するために、ハブ間で受け渡されるパケットに、タグと呼ばれる数bytesのバーチャルLAN情報を付加する方式。タグの付加や読み取りのため、対応するスイッチングハブなどが必要となる。すでに実用化されている例としては、1つのスイッチポートで64グループまでのバーチャルLANをサポートするシスコシステムズ社のISL(Inter Switch Link)があるが、IEEE 802委員会で標準化作業が進められているバーチャルLANの標準規格「IEEE 802.1Q」でも採用が決定されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報