コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VLANタギング方式

1件 の用語解説(VLANタギング方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VLANタギング方式

複数のスイッチングハブを持つ大規模なネットワーク上で、バーチャルLANを構築するために、ハブ間で受け渡されるパケットに、タグと呼ばれる数bytesのバーチャルLAN情報を付加する方式。タグの付加や読み取りのため、対応するスイッチングハブなどが必要となる。すでに実用化されている例としては、1つのスイッチポートで64グループまでのバーチャルLANをサポートするシスコシステムズ社のISL(Inter Switch Link)があるが、IEEE 802委員会で標準化作業が進められているバーチャルLANの標準規格「IEEE 802.1Q」でも採用が決定されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

VLANタギング方式の関連キーワードスイッチングハブマッチングタンブラースイッチディマースイッチパケットスイッチングフラッシングスイッチプルスイッチマネープールファンドブランド・スイッチングホタルスイッチ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone