VLANタギング方式

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VLANタギング方式

複数のスイッチングハブを持つ大規模なネットワーク上で、バーチャルLANを構築するために、ハブ間で受け渡されるパケットに、タグと呼ばれる数bytesのバーチャルLAN情報を付加する方式。タグの付加や読み取りのため、対応するスイッチングハブなどが必要となる。すでに実用化されている例としては、1つのスイッチポートで64グループまでのバーチャルLANをサポートするシスコシステムズ社のISL(Inter Switch Link)があるが、IEEE 802委員会で標準化作業が進められているバーチャルLANの標準規格「IEEE 802.1Q」でも採用が決定されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android