コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付加/附加 フカ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐か【付加/附加】

[名](スル)
あるものに、さらに付け加えること。添加。「条件をもう一つ―する」
不飽和結合原子に、他の原子または原子団が結合すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

付加【ふか】

有機化合物の二重結合,三重結合などの不飽和結合に,水素ハロゲン,ハロゲン化水素,水など他の分子が結合する反応をいう。 CH2=CH2+H2→CH3−CH3 CH3C≡N+H2O→CH3CONH2ジエン付加(ジエン合成)なども付加反応に属する。
→関連項目重合不飽和化合物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふか【付加 addition】

不飽和結合(C=C,C≡C,C=O,C=N,C≡Nなど)に水素,ハロゲン,ヒドリドイオン有機金属化合物,水,アルコール,酸などが付加する反応の総称で,有機反応のうちかなり多数の反応を占める。たとえば,式(1)に示すように,水素は適当な金属触媒(パラジウム,白金,ロジウムなど)の存在下でアルケンに付加してアルカンを生成する。この場合,2個の水素は同じ方向から付加する,すなわちシス付加することが知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付加
ふか

付加反応」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

付加/附加の関連キーワードマルコフニコフの規則経済活動別国内総生産マルコフニコフの法則付加コンプレックス酸素効果(化学)データインサイドマルコフニコフ則付加刑・附加刑付加税・附加税経済的付加価値ツールメニューサンリオ[株]付加価値分配率付加価値生産性付加プリズムマイケル反応付加保険料率労働分配率付加生成物符号ビット

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android