付加(読み)つけくわえる

精選版 日本国語大辞典「付加」の解説

つけ‐くわ・える ‥くはへる【付加】

〘他ア下一(ハ下一)〙 つけくは・ふ 〘他ハ下二〙 ある事物の上にさらに他の事物を添える。おもな事柄に、後から別のものを増し加える。付加する。
※仏国風俗問答(1901)〈池辺義象〉飲食物及びの習慣「当国人は之を食ふにバタをつけ加へずただ肉の相手にガリガリムシャムシャと打ち食ふのみ」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「他言はしないからと穏やかにつけ加へた」

つけ‐くわわ・る ‥くははる【付加】

〘自ラ五(四)〙 すでにあるものに、あとからさらに別のものが添えられる。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「だから本当の意味で切実な駆落をするのは自分丈だと云ふ有難味がつけ加(クハ)はってくる」

つけ‐くわえ ‥くはへ【付加】

〘名〙 つけくわえること。付加(ふか)
※不安(1900)〈幸田露伴〉下「実際に見た厭な眼つきに空想の附加へをして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「付加」の解説

付加【ふか】

有機化合物の二重結合,三重結合などの不飽和結合に,水素ハロゲン,ハロゲン化水素,水など他の分子が結合する反応をいう。 CH2=CH2+H2→CH3−CH3 CH3C≡N+H2O→CH3CONH2ジエン付加(ジエン合成)なども付加反応に属する。付加によって高分子化合物を生ずる反応を付加重合という。
→関連項目重合不飽和化合物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

化学辞典 第2版「付加」の解説

付加
フカ
addition

付加反応ともいう.2個以上の分子が直接結合して単一の分子をつくる反応.有機化学では,とくに

などの不飽和結合に,水素,ハロゲン,ハロゲン化水素,水,アルコール,などが付加する反応が重要である.付加には,求核付加,求電子付加,ラジカル付加,付加環化がある.

    CH2=CH2 + Br2 → CH2BrCH2Br

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「付加」の解説

ふ‐か【付加/附加】

[名](スル)
あるものに、さらに付け加えること。添加。「条件をもう一つ―する」
不飽和結合原子に、他の原子または原子団が結合すること。
[類語]充てる充当する充塡する当てはめる引き当てる補給塡補穴埋め拾遺追加補足補充補うカバー加味加える補塡補完相補補訂補綴ほてい増補補遺足す添える加わる付け足す付け加える付ける付する継ぎ足す花を添える添加添付肉付け割り増し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「付加」の解説

ふか【付加 addition】

不飽和結合(C=C,C≡C,C=O,C=N,C≡Nなど)に水素,ハロゲン,ヒドリドイオン有機金属化合物,水,アルコール,酸などが付加する反応の総称で,有機反応のうちかなり多数の反応を占める。たとえば,式(1)に示すように,水素は適当な金属触媒(パラジウム白金ロジウムなど)の存在下でアルケンに付加してアルカンを生成する。この場合,2個の水素は同じ方向から付加する,すなわちシス付加することが知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android