パケット

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パケット

ネットワークを流れるひとかたまりのデータ。packetは「小包」の意味。ネットワーク層のプロトコルであるIPは、1つのデータを複数のパケットに分割して送信する。パケットは、ヘッダとデータ(ペイロード)に分かれる。ヘッダには、送信元・宛先IPアドレス、データの内容を表わすフラグやTTL、上位層のプロトコルの種類など、合計20バイトの情報が保存される。IPでは、この情報をもとにパケットが宛先まで送信される。データをパケットに分解して送信することで、エラーが起きてもデータをまるごと再送信せずに、エラーが発生したパケットだけを送ればよい。本来、Ethernetでは「フレーム」、TCPでは「セグメント」など、層によって呼び方が変わるが、区別せずにパケットと呼ばれる場合も多い。また、送られる情報そのものを指して「パケット」と呼ぶ場合もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

パケット

もとは「小荷物」のことで、ひとつのデータをより小さなブロックに分割した「細切れのデータ」を指します。インターネット通信やCD、DVDへのデータ書き込み等で利用されます。データをパケット化することで、エラー発生時の再送信や再書き込みを最小限に抑えることができます。通信では大きなデータの転送で回線が占有されるのを防ぎ、複数の通信を効率的に行えるメリットがあります。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

パケット(packet)

小包み。小さな束。小荷物。
データ通信で、細かく分割されて通信に必要な制御情報を付与されたデジタル情報のひとまとまりの単位。→パケット通信

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

パケット【packet】

〔小包の意〕
データ通信で、データを一定の単位に分割し、それぞれに伝送・交換に必要な情報を付したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パケットの関連情報