コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WIDEプロジェクト わいどぷろじぇくと

2件 の用語解説(WIDEプロジェクトの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

WIDEプロジェクト

インターネットの進化を目指して研究・開発を進める、産官学の多用な人材・団体が連携したプロジェクト。前身である“WIDE研究会"から発展する形で、1988年に発足。インターネット接続の高速化、次世代標準プロトコルである“IPv6"の開発・運用・テスト、ならびに普及・啓蒙などの活動を行なっている。代表者は村井 純氏。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

WIDEプロジェクト
ワイドプロジェクト

日本のインターネット発足・普及のきっかけとなった研究プロジェクト。WIDEは Widely Integrated Distributed Environmentの略称。1984年慶應義塾大学東京工業大学コンピュータを電話回線でつなぐことに成功,同年日本最初のコンピュータ・ネットワークである JUNETをつくった村井純が,1985年ネットワーク構築に意欲をもつ大学,研究機関と WIDE研究会を結成し,1988年 WIDEプロジェクトとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WIDEプロジェクトの関連キーワードインターネットアプライアンスインターネットカフェインターネット協会インターネットワーキングインターネットTVインターネット割引インターネットスラング物のインターネットザ・インターネットインターネット投資

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

WIDEプロジェクトの関連情報