コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WWW拡張言語

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

WWW拡張言語

WWWサーバーからWWWクライアントに対してプログラムコードを送り、これをクライアント側で実行できるようにした言語処理系。WWWでは、キーボードやマウスでの操作などクライアント側での操作を逐一サーバーに通知し、次の処理をサーバー側で行なってもらう(次にブラウザーに表示する画面をサーバーに作成してもらう)というインタラクティブな操作が基本である。しかしこの方法では、通信回線のバンド幅が小さいとレスポンスが悪く、またいちいちサーバーの処理を伴うので、サーバーへの負荷が大きくなりやすいという欠点がある。こうした問題点を解決し、かつWWWに新しい可能性を持たせる技術として、サーバーからプログラムをクライアントに送り、クライアント側でこれを実行する拡張言語が考案された。代表的な拡張言語としては、SunのJava、MicrosoftのVisual Basic Script、NetscapeのJava Scriptなどがある。これらがサポートされる環境では、サーバーからJava(C++ベースの言語体系を持つ)やVB Scriptのプログラムコードを受け取り、これをクライアント側で実行できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

WWW拡張言語の関連キーワードプラグインモジュールケルン(ドイツ)ドメイン名アムステルダムHTTP-KeepAliveISAPIエクステンションレーティングチャンネルケンブリッジ大学小諸(市)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android