コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WWW拡張言語

1件 の用語解説(WWW拡張言語の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

WWW拡張言語

WWWサーバーからWWWクライアントに対してプログラムコードを送り、これをクライアント側で実行できるようにした言語処理系。WWWでは、キーボードマウスでの操作などクライアント側での操作を逐一サーバーに通知し、次の処理をサーバー側で行なってもらう(次にブラウザーに表示する画面をサーバーに作成してもらう)というインタラクティブな操作が基本である。しかしこの方法では、通信回線バンド幅が小さいとレスポンスが悪く、またいちいちサーバーの処理を伴うので、サーバーへの負荷が大きくなりやすいという欠点がある。こうした問題点を解決し、かつWWWに新しい可能性を持たせる技術として、サーバーからプログラムをクライアントに送り、クライアント側でこれを実行する拡張言語が考案された。代表的な拡張言語としては、SunJavaMicrosoftのVisual Basic Script、NetscapeのJava Scriptなどがある。これらがサポートされる環境では、サーバーからJava(C++ベースの言語体系を持つ)やVB Scriptのプログラムコードを受け取り、これをクライアント側で実行できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WWW拡張言語の関連キーワードアプライアンスサーバーWebサーバークライアントクライアントサーバーシステムWWWサーバーIMクライアントクライアントサーバーアーキテクチャークライアントサーバー型クライアントサーバー方式サーバー/クライアント

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone