WXGA+(読み)ダブリューエックスジーエープラス

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐エックス‐ジー‐エー‐プラス【WXGA+】[wide extended graphics array plus]

wide extended graphics array plus》パソコンのディスプレーなどにおける、1440×900ピクセル(ドット)の解像度をさす。WXGAの縦・横ともに幅を広げたもの。ワイドXGA+。→ブイ‐ジー‐エー(VGA)エス‐エックス‐ジー‐エー(SXGA)ユー‐エックス‐ジー‐エー(UXGA)キュー‐エックス‐ジー‐エー(QXGA)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

WXGA+

 1440×900ピクセルの解像度を指す。アスペクト比が16:10と、フルHDの16:9に近い。19インチワイド・クラスの液晶ディスプレイで使用される。Wide eXtended Graphics Array plusの略で、ワイドXGAプラスと呼ぶ。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android