コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WXGA+ ダブリューエックスジーエープラスWXGA+

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐エックス‐ジー‐エー‐プラス【WXGA+】[wide extended graphics array plus]

wide extended graphics array plus》パソコンのディスプレーなどにおける、1440×900ピクセル(ドット)の解像度をさす。WXGAの縦・横ともに幅を広げたもの。ワイドXGA+。→ブイ‐ジー‐エー(VGA)エス‐エックス‐ジー‐エー(SXGA)ユー‐エックス‐ジー‐エー(UXGA)キュー‐エックス‐ジー‐エー(QXGA)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

WXGA+

 1440×900ピクセルの解像度を指す。アスペクト比が16:10と、フルHDの16:9に近い。19インチワイド・クラスの液晶ディスプレイで使用される。Wide eXtended Graphics Array plusの略で、ワイドXGAプラスと呼ぶ。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

WXGA+の関連キーワード画面アスペクト比

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android