Wikipedia(読み)うぃきぺでぃあ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Wikiによって構築された誰でも編集できる参加型百科事典。報道された直後用語解説が更新されるなど、インターネット特性を生かしたリアルタイム性を持つ。2001年1月から開始され、2006年7月時点の英語版で約130万件、英語を除く諸言語版で100万件以上の記事が執筆されている。日本語版は2008年4月現在、40万項目以上の記事が掲載され、英語版、ドイツ語版、フランス語、ポーランド語版に次ぐ5番目となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

非営利のWikimedia財団がインターネット上で運営する、無料の百科事典サービス。誰でも自由に利用できる。2006年8月現在、200以上の言語で提供されており、項目数も英語版で約129万語、日本語版で約24万語と膨大な用語を掲載している。通常の辞書と違うのは、専門家でなく誰もが内容を編集できるということ。そのため、最初は間違いが多いが、不特定多数の人々により修正され、辞書として洗練されていく。また、自由に項目を追加できるため、俳優経歴やドラマ、マンガの概要といったものまで網羅されている。ただし、「著者が特定できない情報にどこまで信頼性をおくべきか」という点については議論も分かれている。05年12月、英国の科学誌「ネイチャー」が、百科事典の代名詞である「ブリタニカ」とWikipediaを比較、科学分野に関しては、双方クオリティー大差はない、と発表したことにブリタニカ側が反論、「百科事典のあり方」について大きな論争を巻き起こした。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

ウィキペディア」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

Wikiを使って作られた百科事典です。各国語版があり、日本語版は「http://ja.wikipedia.org/wiki」から利用できます。記事の執筆はボランティアによって行われており、無料で使えます。常に新しい項目が追加され、既存の項目も修正され続けているため、全体的に見れば信頼性はかなり高いといえるでしょう。出版物の百科事典と違い、内容の信頼性に対する責任を負うのは利用者自身です。
⇨Wiki

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Wikipediaの関連情報