コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線パルサー エックスセンパルサー

デジタル大辞泉の解説

エックスせん‐パルサー【X線パルサー】

パルス状のX線を周期的に放射するX線天体連星系を成す磁場の強い中性子星伴星からガスが流れ込み、中性子星の両磁極が高温になることでX線が発せられると考えられている。中性子星の磁場が弱いと流れ込んだガスは表面全体を覆うためX線バースターとして観測される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

X線パルサーの関連キーワード特異X線パルサーマグネターX線天文学牧島一夫X線連星パルサーAXP天馬白鳥

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android