human immunodeficiency virus (HIV)感染

  • human immunodeficiency virus (HIV)感染(免疫系疾患)

内科学 第10版の解説

(1)human immunodeficiency virus(HIV)
感染
 HIV感染者の消化管病変として感染症と腫瘍性病変が問題となることが多い.CD4陽性T細胞の減少が進行すると日和見感染を合併しやすくなり,カンジダ症サイトメガロウイルス感染,単純ヘルペス感染,Mycobacterium avium-intracellulare complex(MAC)感染,クリプトスポリジウム症のほか性感染症(sexually transmitted disease:STD)としてアメーバ腸炎,尖圭コンジローマ,ジアルジア症などが生じうる.また腫瘍性病変としてはKaposi肉腫や悪性リンパ腫などがあげられる.[安藤貴文・後藤秀実]

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android