コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

pHスケール pH scale

法則の辞典の解説

pHスケール【pH scale】

水素イオン濃度指数で,「ピーエイチ」のはずだがJISでは「ピーエッチ」と読むことに定められている.どのぐらい普及しているかは不明.現場ではドイツ読みの「ペーハー」のほうが普通である.もともとは水溶液中の無機酸の分析濃度の負の常用対数として,デンマークのセーレンセンによって定義された値であるが,現在では水素イオンの熱力学的濃度(活量濃度)の負の常用対数として定義されている.水の常温におけるイオン積が10-14 なので,中性条件のpHは7となる.セーレンセンのpH値*参照.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android