コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

siRNA siRNA/SIRNA/えすあいあーるえぬえー small interfering RNA

1件 の用語解説(siRNAの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

siRNA

特殊な二本鎖構造をした短いRNAが、特定のRNAの機能を抑制することが知られている。これをRNA干渉という。RNA干渉を起こす短い二本鎖RNAをsiRNAといい、これを用いていろいろな遺伝子の機能を解析したり、病気の治療に応用することができる。対象となる病気としてはウイルス感染症、がん、神経疾患などである。ウイルス感染症には、HIV感染症(エイズ)、B型肝炎C型肝炎などがある。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

siRNAの関連キーワードRNARNA干渉終板アニーリングRNA依存RNAポリメラーゼアンチセンスRNAトポイソメラーゼ二重らせん構造ポリメラーゼ連続反応アタパルジャイト

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

siRNAの関連情報