コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(■1)氏編鐘 ひょうしへんしょう Biāo shì biān zhōng

1件 の用語解説((■1)氏編鐘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうしへんしょう【(■1)氏編鐘 Biāo shì biān zhōng】

中国,河南省洛陽の漢魏洛陽城址がある金村古墓から1920年に出土した鈕鐘(ちゆうしよう)の編鐘(現,京都泉屋博古館蔵)。今は12個だが,もとは14個で編成され,大きさが少しずつ異なり,高さが32cmから12cmの間にある。文様は蟠螭文(ばんちもん)の単位文を繰り返した地文が一面にあり,鼓の中央には饕餮文(とうてつもん)系の獣面があり,枚はとぐろをまいた蛇の形をし,鈕の両面には乙字状の渦様沈線文がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

(■1)氏編鐘の関連キーワード河南元稹昆陽の戦い張説洛陽伽藍記永寧寺洛陽洛陽の紙価を高める竜門「芙蓉楼送辛漸」王昌齢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone