コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(■1)氏編鐘 ひょうしへんしょうBiāo shì biān zhōng

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうしへんしょう【(■1)氏編鐘 Biāo shì biān zhōng】

中国,河南省洛陽の漢魏洛陽城址がある金村古墓から1920年に出土した鈕鐘(ちゆうしよう)の編鐘(現,京都泉屋博古館蔵)。今は12個だが,もとは14個で編成され,大きさが少しずつ異なり,高さが32cmから12cmの間にある。文様蟠螭文(ばんちもん)の単位文を繰り返した地文が一面にあり,鼓の中央には饕餮文(とうてつもん)系の獣面があり,枚はとぐろをまいた蛇の形をし,の両面には乙字状の渦様沈線文がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android