コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

編鐘 ヘンショウ

3件 の用語解説(編鐘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へん‐しょう【編鐘】

古代中国の打楽器の一。音高の異なるいくつかの銅製の鐘を枠につるしたもので、鐘の数は不定。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へんしょう【編鐘 biān zhōng】

青銅の鐘を音高の順に鐘架に並べて吊り下げ,槌で打って奏する中国の古楽器。宮廷雅楽に用いられたほか,孔子廟における堂下楽で編磬(へんけい)()や種々の太鼓,管・打楽器とともに奏された。なお,孔子廟の音楽に用いられた楽器は,現在韓国に一式のみほぼ完全な状態で保存され演奏されている。鐘(しょう)【郡司 すみ】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へんしょう【編鐘】

古代中国の打楽器。音律の異なる鐘しようをいくつか並べて架にかけたもの。鐘の数は不定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の編鐘の言及

【楽器】より

…インドネシア(ジャワおよびバリ)のガムランは,このように音階をもった金属製打楽器群を主体に編成された大規模なアンサンブルである。また,古代中国および現代の朝鮮半島にみられる編鐘は,音の高さの異なる鐘(しよう)を多数配列した,珍しい金属製打楽器である。 その他の打楽器として,比較的少数の例であるが,古代中国などの磬(けい)のように石を打つものがある。…

【鐘∥鉦】より

…側面から見た〈鐘〉の形状は半円形,半楕円形,三角形,矩形などに近いものがあり,また,花をかたどったり動物などの象徴的な飾りをつけた〈鐘〉も少なくない。
[アジア]
 現在一般に鐘と称されている大型のものは,前1000年ころまでに最も鋳造技術の進んでいた中国で作られたのが始まりで,周代には既に一定の音高に調律された鐘(しよう)が楽器(特鐘,編鐘)として典礼音楽の中に取り入れられるようになっていた。インドでは前6世紀ころからヒンドゥー教で小型の鈴(れい)は音楽に,蓮の花をかたどった大型の鐘は寺院の入口につり下げられて使用されたといわれている。…

【春秋戦国時代】より

…一方,春秋後半に青銅器に金,銀,古ガラスなどを象嵌する技術が開発され,華麗な幾何学文や,狩猟,戦争,饗宴など人間活動を描いた文様が表現されるようになり,装飾的なものとなる。また青銅製の8ないし13個の大小の鐘を一組(編鐘という)として,現在の七音階に近い音階を構成し,さらに幾組もの編鐘によって数オクターブにわたる音楽が演奏された。また多弦の琴や竽(う),笙などの管弦楽器は盛んに使用され,華やかな音楽が饗宴の席などで演奏され,音楽に合わせて歌われる歌謡にも,男女の愛を歌った抒情詩や,天界の霊との交渉を主題としながら濃厚なエロティシズムをもった賦がつくられ,また音楽に合わせた舞踊も盛んであった。…

【随】より

…東槨室内に漆絵が描かれた二重の木製の主棺があり,ともに21個の殉葬者棺と犬棺が1個あった。副葬品は楽器,銅礼器,武器,金器,玉器,漆木竹器,竹簡など7000余点があり,なかでも3層の木製の横木にかけられた,最大が高さ153.4cmある64点の編鐘と鎛鐘1点,編磬32点,鼓,瑟,排簫などの楽器のセットはとくに注目される。また漆箱のふたには青竜,白虎と朱書きされた二十八宿の名称のある図があり,二十八宿の考えが早く中国におこったことを示す。…

【中国音楽】より

…打楽器には,木製雅楽器の(しゆく),(ぎよ),土製の缶(ふ)のほかに,石製の磬(けい),それと多様な青銅製の鐘(しよう),および各種太鼓の類があり,文献にも素材ばかりでなく,大きさ,用途,形態,組合せなどの異なる数多くの名称があげられていて,いかに古代中国人が打楽器を好んだかが分かる。鐘と磬は殷代後期に3個一組として,音高順にならべる編鐘,編磬の祖型ができ,周朝に入って(前12世紀)しだいに数を増した。とくに編鐘は鐘の中央部と脇の2ヵ所から3度関係の2音を出すことで,さらに音をふやし,基準音楽器と旋律打楽器をかねて,非常に重視された。…

※「編鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

編鐘の関連キーワード降順昇順切下げズボン吊り迫り下げ中吊り釣枝釣下げる吊り輪吊り下げラック

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

編鐘の関連情報