コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟠螭文 ばんちもんpan-chi-wen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蟠螭文
ばんちもん
pan-chi-wen

中国,戦国時代銅器銅鏡に用いられた文様は「わだかまる」,螭(みずち)は角のない若い竜の意で,互いにからみ合うさまを表す。夔竜文の一つの変形文様。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんちもん【蟠螭文 pán chī wén】

中国古代の青銅器に飾られた文様の一つ。数匹の竜の形をした獣文が,その細い蛇のような胴体をくねらせて,からみ合わさった図案で,西周時代後期にあらわれ,春秋戦国時代に盛行した。この文様の一つは,饕餮文(とうてつもん)から発展した夔竜文(きりゆうもん)の側面形から頭を反転させ,尾を巻き込み,胴部からS字形に屈曲し,連続して並び複雑にからみ合うもので,口から舌を出しているものもある。もう一つは双胴螭竜文が,頭の方向を反対にした隣の竜文と身をからみ合わせ,その胴の一部を口でくわえた形をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蟠螭文の関連キーワード(■1)氏編鐘中国銅器〓羌鐘秦鏡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android