コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟠螭文 ばんちもんpan-chi-wen

世界大百科事典 第2版の解説

ばんちもん【蟠螭文 pán chī wén】

中国古代の青銅器に飾られた文様の一つ。数匹の竜の形をした獣文が,その細い蛇のような胴体をくねらせて,からみ合わさった図案で,西周時代後期にあらわれ,春秋戦国時代に盛行した。この文様の一つは,饕餮文(とうてつもん)から発展した夔竜文(きりゆうもん)の側面形から頭を反転させ,尾を巻き込み,胴部からS字形に屈曲し,連続して並び複雑にからみ合うもので,口から舌を出しているものもある。もう一つは双胴螭竜文が,頭の方向を反対にした隣の竜文と身をからみ合わせ,その胴の一部を口でくわえた形をしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

蟠螭文の関連キーワード(■1)氏編鐘中国銅器〓羌鐘秦鏡

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android