コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金村古墓 きんそんこぼ Jin-cun gu-mu

4件 の用語解説(金村古墓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金村古墓
きんそんこぼ
Jin-cun gu-mu

中国河南省洛陽市北東にある戦国時代の古墓群。 1928年以降の大規模な盗掘により,優秀な戦国式銅器が世界に分散している。8基の木槨墓が存在したと伝えられる。木槨は地下 14mに営まれ,平面が八角形をなし,南に墓道が付設されていたといわれているが確証はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金村古墓【きんそんこぼ】

中国,河南省洛陽金村にある漢魏の洛陽城址内から発掘された戦国後半期の古墓群。君墓と伝承されている。1928年に8基の墓が盗掘された。八角形の木槨(もっかく)(木槨墓)で,漆塗の棺と副葬品として多数の戦国式銅器,鏡,玉器類,漆器などが出土。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんそんこぼ【金村古墓 Jīn cún gǔ mù】

中国,河南省洛陽市の東郊約21kmにある金村の付近で発見された戦国墓群。金村は,漢魏洛陽城址の宮城北側に位置し,この地は邙(ぼう)山の南山麓に当たる。古墓群は,金村の東側,漢魏洛陽城址の北東角内側に存在する。1928年の大雨の後,土地の一部が陥落し,墓室が現れ,村民によって8基の墓が盗掘されたといわれている。8基の墓のうち6基は,約75mの間隔を置いて漢魏洛陽城址の北壁に沿って東西に並び,他の2基の墓はその南東に並んで存在した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金村古墓
きんそんこぼ

中国、河南(かなん/ホーナン)省洛陽(らくよう/ルオヤン)の北東20キロメートルの金村に所在する戦国時代の韓(かん)の墳墓。1928年ごろに盗掘を受け、以下のような遺宝が出土した。墓は8基で、陪葬墓をもつものもある。墳丘はなく、地下に八角形の木槨(もっかく)を設け、内部に木棺(もっかん)を置く。出土品に多量の青銅彝器(いき)・鏡・飾金具・帯鉤(たいこう)、玉器などがあるが、これらの多くは金銀の象眼(ぞうがん)(りゅうきん)、嵌石(かんせき)、嵌玉(かんぎょく)などで飾られ、逸品が多い。おもなものに金銀錯(きんぎんさく)狩猟文鏡、金銀錯獣渦文壺(じゅうかもんこ)、玻璃(はり)・玉背鏡、嵌石黄金帯鉤(かんせきおうごんたいこう)などがある。[下條信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金村古墓の関連キーワード郭象河南東周永寧寺東郊洛邑竜門兎園(■1)氏編鐘洛陽焼溝古墓群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone